LINEモバイルのテザリング方法まとめ【スピードテストつき】

テザリングとはスマホやタブレットをWiFiルーター化して、WiFiに対応しているデバイスでネットが使えるようにするための機能です。

外出先でWiFi環境がなく、ノートパソコンやタブレットをちょっと使うときに大変便利です。

このページではLINEモバイルでテザリングする方法とテザリング時の速度を計測してまとめました。

LINEモバイルでテザリングする方法

テザリングするのにオプションや別途申し込みなどは一切不要です。なにも手続きなくすぐに利用可能です。

iPhoneでテザリング

設定→モバイルデータ通信→インターネット共有へすすみます。

インターネット共有をタップするとポップアップでWiFiとBluetoothはオフですと表示されるので、オンにするをタップします。

まれにBluetoothだけしかオンにならないことがあるので、その場合はもう一度やり直すとWiFiはオフですとポップアップがでるのでオンにするをタップすればOKです。

上の作業が完了したら次にWiFiを利用するデバイスで設定します。

ネットワーク名(SSID)でownerのiPhoneを探してパスワードを入力すれば完了です。ちなみにWiFiのパスワードは8桁以上の英数字であれば自由に変更できます。

ネットワーク名はiPhoneの設定→一般→情報→名前で変更可能です。

テザリング中は常に上部に接続中の台数が出るので、テザリングしているのを忘れて使い過ぎる心配もないです。

Androidでテザリング

Androidは機種によって名称が微妙に変わりますが、流れは一緒です。

設定→無線とネットワーク→その他→テザリングにすすみます。

テザリングをオンにすれば電波を出し始めます。

次にWiFiテザリング設定やWiFiアクセスポイントを設定とでてくるので、タップします。

するとネットワーク名とパスワードがでてくるので、必要があればここで変更します。

WiFiを使用するデバイスで該当するネットワーク名を見つけてパスワードを入力すれば完了です。

テザリング使用時の実際の速度を測ってみた

まずはテザリング前のiPhoneSE上での速度を測りました。

なにも問題なく使えるレベルの速度が出ています。

次にテザリングしてパソコンに繋いでみました。パソコンのスペックはCPUがi5-3470でメモリが16GBのものを使用しています。

テザリングしている分、スマホより速度は低下していますが、こちらも問題なく使えるレベルです。

よほど古いパソコンでスペックが低くなければ著しく速度が落ちることはまずないです。

また、テザリングでもLINEモバイルのカウントフリーは適用されるので、SNSは通信量を気にせずにガンガン使えます。

注意点はパソコンでYoutubeをみるぐらいですかね。スマホと比べて画質が上がるので、一気に通信量が増えてしまうので。

半年間月900円割引キャンペーン中!!

SNSユーザー必見!!
LINEモバイル

LINEをはじめとしたSNSを通信量を気にせずに使える格安SIMが新登場!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です