使い過ぎ注意?LINEモバイルの通信制限と解除方法を徹底解説

各プランごとに規定の通信量(1GB,3GB,5GB,7GB,10GB)が決まっています。月の途中で通信量の上限まで使い切ってしまうと、翌月になるまで通信速度が200kbpsまで制限されてしまいます。

具体的な制限時の速度については下の記事でまとめています。

LINEモバイルの気になる実測は?実際に速度を計測してみた【制限時も】

月の途中で制限を解除するには追加料金を払って、データ容量をチャージすれば大丈夫です。

追加チャージ料金表

容量料金
0.5GB500円
1GB1,000円
3GB3,000円

マイページからデータ容量を追加できます。容量が多くなっても単価自体は変わらないので、ご自身が使われる量を選べば大丈夫です。ちなみに追加した容量を当月中に使い切れなかった場合は翌月末まで繰り越せます。

また、追加料金を払いたくないけど、何とかならないかなとお考えの方に「データプレゼント」があります。

これはLINEで友だちになっているLINEモバイルユーザーからデータ容量をもらうことができます。やり取りはLINEモバイル公式アカウントと友だちになることでできるようになります。

短期間に大容量通信を行っても制限はない

意外とご存知でない方が多いんですが、格安SIMでは月の容量とは別に3日間で366MBや1GBを超える通信を行うと、月の容量に余裕があっても翌日まるまる速度制限が発生する会社が多いです。

一方、LINEモバイルでは月の容量を使い切る以外では短期間利用による速度制限はないので、思わぬ低速に悩まされる心配はないです。

また、容量を使い切って速度制限にかかっても、対象SNSであれば低速対象外となってLTEが高速のまま使えるカウントフリーがあります。

カウントフリーについてはこちらで詳しく解説していますが、1GBのプランでもLINEの使用なら制限対象外になるのでストレスなく快適に使えます。3GB以上のプランならLINEに加えてTwitter、Facebook、Instagramが制限対象外になります。

まとめるとLINEモバイルの制限はゆるめ

LINEモバイルを使う上で気を付けるのは月のデータ使用量のみなので、他社と違って短期間の使用量に煩わされることはありません。

ユーザーが増えることで、これからLINEモバイルでも短期間の大容量通信で制限をもうける可能性もありますが、現状は特に気にする必要なく使えるので問題ないといえます。

半年間月900円割引キャンペーン中!!

SNSユーザー必見!!
LINEモバイル

LINEをはじめとしたSNSを通信量を気にせずに使える格安SIMが新登場!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です